「ここから、また移動」Coachig-Office

成長する人と組織をサポートする。コーチングオフィス オフィシャルブログです。

*

「沖縄そば店」は、本当に減っていく一方なのか?(その4)最終回!

   

images (1)こちらが、その1

こちらが、その2

こちらが、その3

 

さて、いよいよ最終回!

タイトルの「沖縄そば店」は、本当に減っていく一方なのか? ということは わかるのだろうか?

 

いまのところ、わかったことは

・沖縄県に沖縄そば店やラーメン店が何店舗あるのか?という公式データはない。

・総務省のデータによると、沖縄そば店(沖縄料理店)の分類は「日本料理店」のカテゴリーに入るらしい

・そのデータを見れば、だいたい沖縄そば店の推移などがわかるのでは?

 

と、いう感じ。

さて、いよいよそのデータをさらってみる。

今回は わりとシリアスなトーンで進行していきたい。

 

経済センサスのデータをひろってみた!

データそのものも、なかなか面倒だったのだが とにかくひろって表にしてみた。

事業所数 平成13年 平成16年 平成18年 平成21年 平成24年 平成26年
中華料理店 300 273 306 280 270 306
日本料理店 317 317 318 503 515 549
そばうどん店 175 201 279 306 323 266
入域観光客数(万) 443 515 563 569 592 716

 

ついでに、沖縄県の観光客数も、いちばん下につけてみた。

データが、とびとびになってるのは(13年、16年、18年、、、)調査年がいろいろだから。

 

さて、これでみると 中華料理店(ラーメン店を含む)は平成13年から ほぼ数は変わってない!!

なんか、ラーメン店が増えている印象があるけど、データ上は増えていない。

中華料理店が減ってるのか、ラーメン店が新店がオープンするのと同時に閉店している店もあるということか?

 

うーむ。実感とちょっと違うきもするけど…

 

では、沖縄料理店や沖縄そば店(日本料理店)は??

 

なんと!!

 

平成18年から 200店以上増えているでないか!!

 

え?? 200店???

 

ということは 「沖縄そば店は増えている」のか??

 

いや、日本料理店=沖縄料理店=沖縄そば店 とは限らない。

少なくとも 日本料理店が増えている実感はないので、沖縄料理店か沖縄そば店のどちらかが、激増しているのは間違いない!!

 

つまり、結論としては

「沖縄県では、平成26年までは 中華料理店(ラーメン店を含む)は増えておらず、恐らく 沖縄料理店や沖縄そば店は、トータルで激増しているとかんがえられる」

と、いうことである。

 

これは、ずいぶん意外な結果がでた。

 

もしかしたら、伝統的な おじーおばーがやっている、沖縄そば店が苦戦しているのは ラーメン店の台頭ではなく、ただたんに沖縄そば店が過当競争になっているのだ とも考えられるわけだ。

 

へーー。

 

「沖縄そば店」が減っているとはいえない

事業所数 平成13年 平成16年 平成18年 平成21年 平成24年 平成26年
中華料理店 300 273 306 280 270 306
日本料理店 317 317 318 503 515 549
そばうどん店 175 201 279 306 323 266
入域観光客数(万) 443 515 563 569 592 716

 

無題

ちょっと 小さいけど グラフも貼ってみましたよ。

(※ 棒グラフは、観光客数です)

 

平成26年…つまり 2014年の時点で

・ラーメン店(中華料理店)は、4~5年まえにくらべて 20~30店増えているが、10年位まえと比較すると、中華料理店が減っているせいか、トータルでは増えていない

・日本料理店、そばうどん店ともに ほぼ右肩あがりで増えている(平成24年→26年のそばうどん店を除く)ことから 沖縄そば店が減っているとはいえない

 

という とても意外な結果がでた!

 

たしかに 「沖縄そば店の店主が「うちはそばうどん店だ!」というカテゴリーで提出している」という可能性もないことはないけど、それでも 平成13年と比較すれば、激増しているので 減っているとはとてもいえない。

 

まとめ

ダウンロード

観光客の増加によって、沖縄料理店は増加しているっていうのは、実感としてわかるんだけど これは「激増」っていってもいいくらい増えてるんだね。

 

とにかく 沖縄そば店の閉店ってよく聞くんだけど、どうもラーメン店に押されているという仮説は証明できなかった。

 

むしろ 有力なのは、新たに沖縄料理店などが増えているため、古い店が苦戦しているといったほうが妥当なデータがでているきがするね。

 

どうも これが今回の結論になりそうだね。

 

 

さてさて、連日お送りしてきました 沖縄そばについての話… もちろん 他にもいろいろ調べたんだけど まぁ かいつまんで報告してみましたよ。

実際、いろんな人がさまざまな情報やデータをくれたんだけど、結局のところ 結論としてはこのような結果になったよ。

結論は実感としてどうかな?とも思うけど、少なくとも、ネット上で実際にオモテにでているデータとしては、なかなか信ぴょう性があるものだとおもうけど…どうかな?

 

 

 

沖縄そば店をめぐる新たな仮説ができたのだけれど、経済センサスは、実は平成28年6月 つまり今年6月に新たに調査がおこなわれるんだよね。

 

つまり、来年の今頃には 恐らくあらたなデータがでてくるはずなので その時には、数字がどのように変化しているのか もの凄く興味深いよね。

 

結果がでれば またレポートしますね。

 

 

では、また次回!

 

 

 

 

 

 - 沖縄日記, 雑談

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

詐欺商法にだまされるところだった
伊江島一周マラソンを走ってきた…が!?
ラジオ番組はじめました。
ほぼ毎日【禁酒】の日々
伊江島一周マラソン…翌日
2017年を振り返ってみたよ
石垣島日記 1日目
誕生日に、いつものランニングをして過ごす
2017年 名護ハーフマラソンを走ってきたよ!
2015年 ありがとうございました!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。