「ここから、また移動」Coachig-Office

成長する人と組織をサポートする。コーチングオフィス オフィシャルブログです。

*

「沖縄そば店」は、本当に減っていく一方なのか?(その2)

   

images (2)

さて、前回の続きです

 

とにかく、沖縄県内での、沖縄そば店とラーメン店の数を知りたい。

考えてみれば、「沖縄そば店」として開業しても、いつのまにか普通の食堂みたいになってしまった店もあるだろうし、普通に大衆食堂として営業していても、注文はほとんど沖縄そばみたいな店もあるだろうから、正確な数はわからないだろう…ってとこまでは、考えついた。(はやく考えつけ)

 

で、まぁ とにかく 沖縄県のデータを探してみよう。

そこで、とりあえず 沖縄県統計資料WEBサイト というサイトをみつけることが出来た。

しかしながら このサイトをみるとわかるのだが、いったいどこを見ればいいのかさっぱりわからん。

 

 

で、即あきらめて 沖縄県企画部統計課というところに電話して聞いてみた。

 

沖縄県に聞いてみた!

ダウンロード (3)

 

「はい。沖縄県企画部統計課です」

「あのですね」

 

あのですねって、話しかけるのは福岡の人の特徴らしいが、けっこう他の地方にもいる気がするけどね。

 

「はい」

「沖縄県内の沖縄そばの店舗数の推移がしりたいのですが、どのデータを見ればよいでしょうか?」

「なるほど。それは経済センサスというデータを見ればよいと思われますが…」

「ところがですよ」

 

そう言われるとおもっていたので ややかぶせ気味に

 

経済センサスの分類は「中華料理店」「日本料理店」「そばうどん店」という分類なんですよ。沖縄料理とかの分類はないですよね。沖縄そばはいったい、どのカテゴリーに入るのでしょうか? 沖縄そばの原材料はほぼラーメンと同じなので、材料的には中華料理的ともいえるし、沖縄は日本の地方なので地域的にみれば、日本料理ともいえるし、名前的には、そばうどん店に入る気がするのですが どうなんです?」

「…すみません。専門的なことは私ではわからないので、経済センサスの担当にかわります」

 

勝った … いや違う。

 

わりと若い感じの実直そうな電話の男性でした。丁寧にありがとうございます。

 

「はい。お電話かわりました。担当です」

「かくかくしかじかなんですけど…」

「あーーーー」

「はい」

「私どもでは、そこまでは わからないですね」

「えー。そうなんですか。」

「はい。分類の中身まではわからないんですよね」

 

あーやっぱりわからなさそうだね。困ったな。

 

「そうなんですか…ちなみにこの調査は、事業主さんが記入したものを集計しているんですよね?」

「そうですね」

「では、事業主さんが「ウチはそばうどん店だ」と思えばそこにカテゴライズするし、「いや日本料理だ」と思えば、それで提出するということですね

「そうですね。ただ、一定のガイドラインみたいなものは、アンケートの際につけていたはずです。こういう場合はこのカテゴリーに入れてくださいみたいなものですね

「おお! それは わかりますか?」

「いえ、残念ながら 私どもではわからないですね」

「あーそうですか。結局、沖縄そば店のみならず、沖縄料理店が何店舗あるのか?っていうのは 誰にもわからないんですね

「そうですね。数え方にもよりますし…」

「なるほど。ご丁寧にありがとうございました」

「いえ、恐れいります」

こちらは、女性の方で こちらも丁寧な方でした。

 

先日の協会の方といい、沖縄県庁の職員の方といい、不躾な僕の質問に丁寧にお答えいただいてありがとうございます。

 

今のところわかったことというのは、

「沖縄そば店のみならず、そもそも沖縄料理店が何店舗あるのかは、民間も県も把握していない。(ってか 誰にもわからない)」

わからないってことが だんだんわかってきたってことね(とほほ)

 

 

「経済センサス」を読み解く

link_bnr03

 

経産省がおこなっている 経済センサス というデータがあって、以前は「事業所・企業統計調査」という調査があったんだけど、2009年から経済センサスに統合されたんだよね。

このデータは僕も頻繁につかうんだけど 超弩級の詳しいデータなんだよね。

あくまで、国の調査なので 実数というよりも やはりトレンドがどうなのか? ってのがとても役に立つよ。

 

で、その経済センサスのカテゴリーなんだけど、「沖縄県 事業所数」というかたちで調べると いろいろあるカテゴリーのなかで 沖縄そばが含まれるものは

 

「中華料理店」→原材料的にいえなくもない (大穴)

「日本料理店」→どうみても日本料理ではないが、他に適当なものがない(対抗)

「そばうどん店」→たぶん、これっぽい。(本命)

 

うーん。 どれかな?

どれも違う気もするし、なんか3つに適当に分散されてカウントされてる気もするし。

 

 

ならば、しょうがない。

 

ここは、日本が誇る超エリート官僚が集まる経済産業省へ しょうもない質問をするしかない!!

民間でわからず、県でわからず、それならば 国へ直訴するしかないではないか!!

(なんか訴えるわけじゃないけどね)

 

いったい 沖縄そばは、何料理なのか?

 

で、 経産省へ電話をしたところ …

 

 

 

 

なんと!!

 

 

 

 

驚くべき事実が判明したのだ!!

 

 

 

2e96e37ebe88950322fa9ac268b3e940c5aa249d1359503521

 

 

 

と、いうところで 長くなったので 続きはまた次回!

(結局、今回も電話1本かけただけ)

 

 - 沖縄日記, 雑談

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

今日は石垣島
2016年おきなわマラソン「来年も、もちろん頑張りません!」
「沖縄そば店」は、本当に減っていく一方なのか?(その1)
石垣島日記 3日目
マクドナルド凋落の原因
石垣島日記 1日目
伊江島一周マラソンを走ってきた…が!?
伊江島一周マラソン…翌日
そういえば、おきなわマラソン走りましたよ
あけましておめでとうございます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。