「ここから、また移動」Coachig-Office

成長する人と組織をサポートする。コーチングオフィス オフィシャルブログです。

*

きっと、ふるえる 「ワンダー」R・J・パラシオ

   

ワンダー Wonder

いったい何から話せばいいのだろうか?

 

しばらく前にこの本を読んだんだけど、何から話せばいいのかよくわからないんだよね。

僕は、この本を、おすすめする。

ただ、おすすめする理由を説明するのが、ちょっと難しい。

だけど できるだけ わかるように説明してみたい。

まずは、本の概要を、ちょっと紹介してみるね。

「オーガストは10歳の普通の男の子。ただし、顔以外は。」

オーガスト・プルマンは普通の男の子。ただし、顔以外は。生まれつき顔に障害があるオーガストは、幼い頃から人に怖がられたり、ぎょっとされることが多かった。10歳ではじめて学校に通うことになったが、生徒たちはオーガストの顔をみて悲鳴をあげ、じろじろながめ、やがて「病気がうつる」と避けるようになる。一方で、オーガストの話をおもしろいと感じる同級生は少しずつ増えていた。そんなとき、夏のキャンプで事件が起こる…

本のプロモーションフィルムもあった。

あと、丸善&ジュンク堂の 「全世界で300万部突破の感動作『ワンダー』特設ページ」 ってのもあったよ。


こうやって、紹介すると いわゆる「感動ポルノ」的な、お涙ちょうだい物語…みたいにおもえるんだけど、ちょっと違う気がするんだよね。

 

一般的にいわれる、「感動もの」っていうのは、自分とくらべて、「弱者」が何者かに立ちむかっていく姿をみて「感動」するって話だよね。

たとえば、「イヌなのに」はるか遠くへいってしまった飼い主を追いかけてくるとか、「子供なのに」大人でも過酷な環境をたくましく生き抜いて元気に育つなんて話。

「弱者なのに」強者である自分にも、できないようなことをやることを 見て「感動する」ってやつだね。

これは、自分側はあくまで「強者」の立場にいるわけで、弱者のストーリーを消費しているだけにすぎない。

はっきりいえば、弱者を弱者としてあつかうことによって 自分が感激するための見世物あつかいにするってものだね。

そういった「感動ポルノ (Inspiration Porn)」と、この本の違いって何だろうか?

 

 

誰が悪くて、こんなことになったんだろう?

最初に話しておくけど この物語はフィクションなんだよね。

でも、かなり取材とかはしたらしい。
wonder2015_august

まず、はじめに物語は、主人公のオーガストの視点から語られる。

そこで、オーガストに感情移入できるか?っていうと、そうでもあり、そうでもなし。

そして、途中からは、オーガストをめぐる、まわりの家族や友達の視点の話になる。

wonder2015_viawonder2015_summerwonder2015_jack

 

このあたりから、誰に感情移入していいか、わからなくなってくるんだよね。

もちろん 作者も考えてのことなんだろうけど。

 

ただ そうすると オーガストがおかれた状況は、いったい誰が悪くて、それはどうやって解決していったらいいんだろうか?

 

もちろん それは、読みすすめていくと 鮮やかに読者はわかるようになっているんだけどね。

 

「正しくあるよりも、親切であれ」

個人的な話だけど 僕は、日常的に 障害をもっている人とかかわりをもっている。

ときどき 僕の日常を知らない人が、そうとは知らずに とても無神経な話を僕に向かってする人がいる。

あまりに酷い場合には、僕はその人と関わりを断つこともある。

(実際、ときどきある。相手はなぜ、僕が関わりを断ったのかわからない場合もあるみたい。それはそれでいいと思っている。)

ただ、ほとんどのケースは、障害を持っている人に どのように接していいのか わからないケースが大半だということは 間違いないとおもう。

そういうときに いつも思う。

「やさしさ」とは何か? 「親切」とは何か? 「正しさ」とは何か?

もちろん わからないんだけど この本の語りかけるメッセージは、明確なんだよね。

「正しくあるよりも、親切であれ」

そう、簡単ではないんだろうけど、読後には、きっと「正しくあるよりも、親切」でありたいと思えるはず。

 

児童書だけど、大人も、もちろんOK!

もともと児童書のカテゴリーなので、文章は平易。

ただ、けっこうボリュームあるので、小学生にはちょっと大変かな? 本好きな子だったら読めるかな?

児童書といっても、大人の読書に十分耐えられる内容。

全世界で300万部以上っていうのも、納得できるね。

と、いうことで、また次回!

 

 

 

 

 - Book 海外文学

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

関連記事はありませんでした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。