「ここから、また移動」Coachig-Office

成長する人と組織をサポートする。コーチングオフィス オフィシャルブログです。

*

紙からJAZZが聞こえてくる! 「BLUE GIANT」

   

ヤバイ。

なんで、この漫画で泣けるのか、自分でもよくわからない。

でも 伝わるんだよね。読んでると、こう、音がね、伝わるっていうか、パッションっていうか、読んでいる画面が揺れる感じがするんだよね。

 

主人公はバスケ部に所属する宮本 大。
中学の時、友人に連れられて見に行ったジャズの生演奏に心打たれた。
その後、たった独りでただがむしゃらにテナーサックスの練習をはじめる。

ダンクシュートを打つ身長も、ジャンプ力もない。
身体には限界がある。
でも音にはきっと………

楽譜は読めず、スタンダードナンバーも知らない。
ただひたすら真っ直ぐ突き進んでいく。

絶対にオレは世界一のジャズプレイヤーに、なる」。
雨の日も猛暑の日も毎日毎日サックスを吹く。
初めてのステージで客に怒鳴られても。
それでも大はめちゃくちゃに、全力で吹く。

僕好きだな、君の音」。
ものすごくめちゃくちゃな演奏。
でも、人を惹きつける力が大の音にはある。

激しく変わる。激しく成長する。
ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す物語。

(公式HPより)

 

あたりまえ なんだけど紙の漫画からは音は聞こえるはずもない。

でも、この漫画からは 聞こえてくるんだよね。ビリビリと主人公の宮本大の吹くサックスの音が響いてくるんだよね。

たぶん、聞こえるはずもない音をどうやって紙から聞かせようか?っていう作者の想いが、聞かせるんだとおもうな。

chara_cut_dai

 

わりと ストーリーとかは単純だし、宮本大は、ちょっと変わった高校生だけど そもそもありえないくらいの天才&努力家で しかも 「なぜか」凄いジャズマンの師匠があらわれたり なんていう きわめてマンガちっくな設定なんだけど そういうのを吹き飛ばすくらい JAZZが聞こえてくるんだよね。

泣けるのは、宮本大に泣ける…ってよりも、宮本大に泣かせられる人たちに泣かせられるんだよね。

だから、読みながら 宮本大を応援はするんだけど、共感するのは 音を聞いて感動する人たちに共感して泣けるんだよね。

なかなか、凄い体験だよ。

chara_cut_yui

 

最新刊は4巻まででてるみたいだけど、僕はいまのところ3巻までしか読んでないデス。

まだ、連載中だし これからが楽しみですよ。

ぜひ 読んで紙の中から聞こえてくる音楽をきいていただきたい。

 

あと コンピレーションアルバムとかもあるらしい!

 

これ iTunesにもあったので、試聴もできますよ。

 

もういっこだけ、蛇足だけど ヒロインの三輪舞は超タイプです。高校生とはおもえないけど。

chara_face_maichara_cut_mai

 

と、いうことで 年末年始に読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、また次回!

 - Book マンガ

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

なんで、こんなに泣ける?「ランウェイで笑って」

どうみても、少女漫画の画なんですけど、コレ 少年マガジンに連載中の「少年漫画」な …