「ここから、また移動」Coachig-Office

成長する人と組織をサポートする。コーチングオフィス オフィシャルブログです。

*

「いちばん余計なものを減らした」結果…

   

まぁ たまには、「近況報告」というか最近の僕…的な話しもアップしようかとおもって、今日は話してますよ。

なので 何か結論があるというわけじゃないけど、まぁ雑談です。

 

去年から、「行動のログ」をツールをつかってとるようにしてて、それでほどなくして気づいたんだけど、いちばん時間のロスをしているのが、「移動時間」だってことに今更ながら気づいたんだよね。

 

考えてみればあたりまえの話で、よく「スキマ時間を活かそう」みたいなことってあるけど、たとえば通勤時間に片道2時間も3時間もかかってたら、5分、10分のスキマ時間を血眼になってかき集めてもひとたまりもないよね。

 

僕はクライアントさんの会社や事業所をクルマで移動することが多いので、それを中心にスケジュールを組み立てる必要がある。

で、どれだけ効率的に移動できたか?というのは、おおむねクルマの走行距離が短くなることで測ることができるとおもう。

もちろん、渋滞にハマったりすると短い移動距離でも時間がかかるんだけど、そういう時間はできるだけ移動とかち合わないようにしている。

 

その移動距離なんだけど、ほぼ昨年にくらべて30%ぐらい減った。

 

対前年比30%削減ってわけだね。

 

何か変化はあったか?

 

まず、ガソリン代は減ったね、あたりまえか。

 

他に 仕事量が増えたとか、余暇が増えたとかはどうなのか?

 

間違いなく、つかえる時間が増えた。というか、正直、激増したといってもいいくらいだよ。

 

これは、本当にびっくりで、いままでいったいどれだけのロスをしていたのか、気が遠くなるおもいだよ。

ランチェスターの竹田陽一先生が、「時間戦略」っていうのも、中小企業の経営戦略のひとつにいれてるけど、その中で 「移動時間を減らして その時間を営業活動にあてるために、商圏を狭くとって集中せよ」という話なんか、本当に納得できるなぁ。

移動時間を減らすってのは、組織的にやるとたぶんものすごく効果あるんだろうね。

 

こういうのって、今はアプリとかツールを使えば、とくに記録しなくてもログが残るっていうのがいくらでもあるので そういうの利用して見なおしたほうがいいよね。

 

あと、やっぱり、「やったほうがいいこと」っていうのが1番やっかいで、これをいかに駆逐するか?っていうのが、生産性をあげることに1番つながるのかもね。

 

とくに、会社のルーティンになってる仕事って本当に、「これって無くしてもいいんじゃないの?」ってのが山積みで、そういうのを無くすきっかけの話とかするだけで とても感謝される。有り難いけど、大したことやってない。

 

「運動」とか「読書」とかも、なかなかやっかいで、一般的に「よきこと」として認知されているけど でも、「そこにそれだけの時間を投入する価値があるのか?」ということかんがえれば、「はて?そもそも、なんでやってんだっけ?」って自問自答する必要があるよね。

 

「やったほうがいいこと」が、1日の時間の大半をしめていて 「今、やっておくこと」がおろそかになっているケースは、「時間がない」とか言ってる人が多い組織にとても多い気がするなぁ。

 

saruganseki

 

さて とにかく、今月終われば 今年も終わるんだけど 今月もできるだけ移動しないで過したいです。

 

でも、ブログタイトルは「ここから、また移動」なんですけどね…

 

ではまた次回!

 - 雑談

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

詐欺商法にだまされるところだった
2015年 ありがとうございました!
ラジオ番組はじめました。
「沖縄そば店」は、本当に減っていく一方なのか?(その3)
2017年を振り返ってみたよ
マクドナルド凋落の原因
被災者やサービスの「スティグマ性」について
2014年 ありがとうございました
2018年「面白いこと、楽しいこと、興味があること」しかやらない
残業が多いとなぜ自殺するのか?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。